いつ車を売れば良いのか知る

>

売る時に必要なものを把握する

車の種類を把握しよう

普通自動車を売る時は、自動車検査証や、印鑑証明書が必要になります。
自動車検査証は軽自動車を売る時にも使います。
しかし軽自動車の場合は、印鑑証明書は必要ありません。
売る予定の車が、どの種類に含まれるのか事前に確かめましょう。
納税証明書は、どの車を売る時にも必要になります。
しかしこれまで軽自動車に乗っていた人は、軽自動車納税証明書という名前になっていることを忘れないでください。

軽自動車を売る時は、業者で自動車検査証記入申請書という書類を作成します。
普通自動車は譲渡証明書と、委任状を作成します。
たくさん書類があるので、失くさないよう保管してください。
失くしても再発行できますが、時間が掛かる可能性があります。


高額で売るために準備する

整備手帳があれば、一緒に提出してください。
いつ整備されたのか具体的に記載されているので、きちんと使用できる車だと証明できます。
また車を購入した時に、取扱説明書が付属していたと思います。
それも提出することで、査定価格を高めることができます。
取扱説明書は最初に読んで、後はほったらかしにしている人が見られます。

しかし付属品がないと、高額で売ることはできません。
純正のカーナビなどが付属していた際は、それもセットで売りましょう。
売る時のことも考えて、取扱説明書や取り外したカーナビなどは分かりやすい場所で保管してください。
それなら、売る時にすぐ出せるので査定価格が高くなります。
なるべく高く売って、利益を得ましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る